建物をいつまでも変わらずに、きれいに保つ

あなたの建物の老朽化をケア

建物は人間と同じように年月を経て、年も取って所々にガタが来るものである。
病気にならないように身体のケアが必要になり、病気にならないように予防をする。
人間が身体の具合が悪かったら病院へ行き、適切な治療を受ける。
建物も同じことが必要である。
総排水の老朽と衛生管理、給湯、水道の管理、エレベーターの安全管理から自然災害による外壁の傷みにも至るまで様々なケアと修繕が必要になる。
老朽化による修繕をするということは費用もかかるし修繕作業中はその設備やスペースを利用できなくなってしまう。
そのためには定期的なメンテナンスが不可欠である。
しかし、建物を頻繫に巡回して、建物の設備や建物自体の傷みや建築強度の確保がなされているのかを確認することは専業としてオーナ業務をしている人でさえ多大なる労力と時間を費やしてしまうだろう。

その時にあった設備提案

不動産管理会社の専門家から建物をチェックすると今必要な修繕箇所を適格に指摘してくれるだろう。
さらには、これから修繕が必要になるだろう箇所も含めて、ケアをしてくれることが期待できる。
賃貸借契約において、賃貸人であるオーナーには賃貸物件の修繕義務がある。
しかし、賃借人から依頼があってから修繕を行うとどうしても対応が遅れてしまう。
毎日の生活する上で賃借人であり、お客様でもある入居者からのクレームにつながる事態となってしまう。
だからこそクレームが起こる前に迅速な対応が求められる。
入居者が毎日暮らすところであり一日の大半を過ごす、契約を結んだ当事者同士で争いが起きずにいられるのが一番である。
またさらに入居者が増えるように、さらなる満足度を満たせるようにニーズにあった設備の創設にも力をいれて集客アップにもつながる。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る