入居者の案内手続きとサポート

入居者の出会いと案内をサポート

賃貸契約を借主と結べば結ぶほど、毎月の収益は増える。
だからこそ建物の所有者である賃貸人は入居者の募集が増えるように願っている。
しかし入居者を増やすためには彼らのニーズに対応しなければならない。
アクセスの良さ、部屋のデザインや間取り、セキュリティ対策、賃料等である。
どの部分に力を入れるべきなのか、何が足りないのかを専門家の目からしっかりアドバイスをくれる。
また入居者の管理についても窓口となってくれる。
水回りの故障、隣の住人との騒音や共有スペースの利用時についての問題など日々の生活におけるトラブルやクレームについての対応についても同様である。
毎日の小さなことから大きな問題に至るまで管理会社の力を借りて負担の少ないオーナ生活を送るべきである。

解約から退去まできちんと回復

入居から時がたてば、当然入居者たちの生活状況も変わりゆくものである。
入学、卒業、就職、転職あるいは結婚など様々である。
そういった人生の岐路に立つと、今いる生活とは違う立場、人間関係、そして違う場所に行くことになる。
入居者が新しい生活に旅立つ時、それは賃貸契約において退去ということになる。
退去手続きに伴って、その契約手続き、退去後の部屋の修繕が必要になる。
入居者立ち会いのもと、部屋の現状を確認して水道、ガス、電気会社への連絡を促したり敷金の清算手続きもある。
後々のトラブルにならないように最後の退去における手続きはとても大切なことである。
部屋の現状回復義務についても毎回立会い、抜けがないように確認することはなかなかの労力と根気が必要な作業である。
管理会社のプロの目と専門知識をうまく利用してトラブル回避を行おう。


この記事をシェアする
Twitter
いいね
B!はてブ

Topへ戻る